« 百年の誤読 | メイン | 小説家になる! »

文学賞メッタ斬り!

大森望・岡崎由美
PARCO出版 1680円
★★★☆☆

 数多くの文学賞がある。文学に特別に興味を持っていない人ならば、「賞」以外のものではない。賞に特徴があるなんて知らないだろう。ただ、「上下」があるだけ。私はそう思っていた。この本は、あまたある賞の「特徴」を紹介し、受賞作の傾向やその後についてのよもやま話が載っている。

 直木賞・芥川賞ってすごいのかと思っていたのだが、そうではないらしい。本を読まないで選考することもしょっちゅうのよう。結構いい加減なんだ。受賞作品って、「学術的」という香りさえする。それは勘違いなのだ。

 とすれば、受賞作家や受賞作品というものに対して、特別にバイアスを書ける必要はない。自分の時間は有限だから、縁のある作品をうまく探して読むのがよいのだろう。もっとも、「どうやるのさ、実際」と言われても困ってしまうのだが。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://192.168.1.200/cgi-bin/MT5/mt-tb.cgi/311

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)