« 2012年5月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月16日

街場の文体論




内田樹

ミシマ社

お勧め指数 □□□□□ (5)


こういう授業を受けられた学生さんはうらやましいですね。
自分にはあり得なかった。
それでも、この本を読めたことが、僕の人生もまんざらではないと言えます。
特に好きな部分の引用します。

 受験勉強は同学年齢集団内部での相対的な優劣を競うものです。問題は、そうであるかぎり、自分が高い評点をもらうことと、競争相手が低い評点をもらうことは同義になるということです。競争相手が愚鈍であるほど自己利益が増大する。受験はそういうふうに精度設計されている。だから、受験勉強の勝者になるということを知的達成のモデルに擬した人は、いつのまにか、自分以外のすべての人ができるだけ愚鈍かつ怠惰であることを無意識のうちに願うようになる。学会での論争をみていると、それが集団的な知のレベルを上げるためになされているのか、目の前にいる人の知性の活動を停滞させるためになされているのか、わからなくなるときがあります。論争相手を怒鳴りつけたり、脅したり、冷笑したりする人は、彼らを含む集団の集合的な知性を高めることをほんとうにぜざしているのか。

 学知というのは本来集団的な営為です。厳しい山に登るときに、そこに登り、道を切り拓くような仕事です。前人未踏の山に登って、頂を究めた人は、後から続くために地図を作ります。分かれ道には標識を建て、足場が悪いところには階段をつけ、非難小屋を建ておいたりする。名も知らぬ先人がそういうふうに切り拓いてくれたおかげで、あとから来た人は、そこまでの身体能力がなくても、山頂に立つことができる。

 学問というのは、そういう物だと僕は思っています。その専門分野でも、先駆者は前人未踏の地に踏み込んで、道を切り拓き、道標を立て、階段を刻み、危険な箇所に鎖を通して、あとから来る人が安全に、道を間違えずに進めるように配慮する。そのような気づかいの集積が専門領域での集合的な叡智をかたちづくる。だから、どの領域でも、フロントラインに立つ人の責務は「道なき道に分け入る」ことだと思うんです。

 でも、査定され、それに見合う報酬を求める人たちは「道なき道」を好みません。「道がある道」にしか行きたがらない。すでにたくさん人が通った道。道がどういう歩き方をしたとか、一日に何キロ踏破したとか、何キロ荷物を担いで歩いたとか、そいういう相対的な優劣が数値的に査定可能なところを選好する。そういしないと、自分の登山家としての能力の高さをアピールできないと思っている。

なんだから今の職場ではらわたが煮えくり返った記憶がよみがえります。本当に、嫌なやつって、ここで言及される受験勉強の勝者にそういう人って多いんですよね。

でも、一方で、せっせと後の人のために階段を切ったり、鎖をつけたりすることって、報われないし、それが報われそうになると先の受験勉強の勝者がやってきて「俺がやったんだぜ」と言い出したりするんですよ。

まぁ、でも、僕は周りの人の理解を全く捨てることで、険しい道がさらに険しくなりましたが、間違ったことをやっていないと思うことで、少し息をつきました。

さぁ、がんばろうっと。


でも、