« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月19日

ゆたかさへの旅

森本哲郎
ダイヤモンド社
お勧め指数 □□□□■ (4)

ゆたかさへの旅―日曜日・午後二時の思索 (1972年)
古い本で、僕が小学校低学年の頃に出版されている。
手元にある本は第6版なので当時でも結構売れた本なのだろう。

日曜日の昼の2時になると、何をするにも中途半端な時間であり、こうやって自分の人生が過ぎゆくことを看過してていいのだろうか、と考え込んでしまうということがこの本のテーマ。
そんなことなら出版年とは関係なく、いつの世にも考えてしまう人は結構いるはず。

ぼくはサラリーマンというほどの生活をしていないのだけど、それでも日曜日の午後二時の思索という表題には惹かれてしまう。
これって、日曜日に特段やることがないない人は職業に関わらず中年になるとだれでもが同じ思いを抱くのではないか。
とはいえ、時代が違うのでインドへ行きたいとは僕は思わないけど。

特に何もすること無く、夕方になり、夜になり、眠くなって寝てしまう。
しかも「やろう」と思っていたことを何もしないまま。
こうしてぼくの人生も暮れていくのだろうな。

ま、しょうが無いかな。