« ネットのバカ | メイン | 村上ラヂオ2 »

ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」

中川淳一郎
宝島新書
お勧め指数 □□□□□ (5)

王様の耳はロバの耳って、でかい声で叫んでいるんだ。

そうか、頭がオカシイのはネットで話題になっている人たちではなく、それに感情的になっている自分なんか。

どんなにインターネットに詳しくても、お金をかけて時間を掛けて「それをどうやって使うのか」を学んだところで、なにかに使えるものになんてなりはしないよ、ということか。

結果は道具ではなく道具を使う人できまっちゃう。
身も蓋もないけど、するっと理解できることだよね。

妄想的な世界がネットの中にはある。


ちょっとちょっと、そっちへいくと死にますよ、本当に。


そう中川さんが普通の人に「精一杯のアドバイス」をしてくれているんだ。

ネットに繋げてウエッブをみるだけで、なんて「世界」が変わるんだよ。
なんで自分が変わるんだよ。
そんあわけねーだろう。

莫妄想、だよなぁ。
FBもTWも必要ない。
TumblrもFlickrもいらないな。
BlogspotだってGoogle+だっていらない。

そんなことに時間を費やすのはゼロにしよう。