« 2013年8月 | メイン

2014年1月13日

ポエムに万歳!

小田嶋隆
新潮社
お勧め指数 □□□□■ (4)

論旨がはっきりしない、メッセージを言葉にしきれていない、あるいはそもそもメッセージなんてなく感情につりあうような単語を並べているだけの言葉をブログや広告で見かけることがある。
気になって「これはいったい何をいっているのか」と考えると途端に「無意味だ」とわかる。
そういう言葉を「ポエム」と呼び、歌詞や詩集に収められている「詩」とは区別したほうがよい。
そういう趣旨のエッセイをまとめた本だった。

講演会などで小田嶋さんの話を聴くことがある。
講演では話題に対する「ちゃちゃ」が多すぎて内容がなくなってしまうシーンが多々あるのだが、さすがに本でそれをやるわけにはいかず、論旨だけが述べられている。
小田嶋さんの話は講演だろうが本だろうが「社会、物事の嫌な側面」の指摘が多い。
だから読んででさっぱりすることはなく、むしろ休日に読むと気分が落ち込む。
それが理由で講演会などではちゃちゃをいれて、聴衆の気分をチアアップしているのかもしれない。
この本を読んでいてそう気がついた。

ただ、ここで読んだような内容を酒の席で人に話したりするのは気をつけたほうがいいだろう、と思う。
自分が知っていればいい話だから。
人に、ねぇねぇ、と言って教えるような話ではない。
内容はマスコミ報道に対する身構えのようなものだし、それを身に付けて情報をうまくフィルタすることができればこの本を読んだ意味はあるのだし。
だいたい、ちゃちゃをいれないでこの本の扱う内容をひとと話しても愉快ではないだろう。

いい本だけど、休日にゆっくり読む本ではないかな。

2014年1月 2日

村上ラヂオ2

村上春樹+大橋歩
新潮文庫
お勧め指数 □□□□■ (4)

書店で平積みされているのでつい手にしたが、単行本は読んだはずなので無駄な買い物なんだけど、立ち見でちらちら見ているうちにその内容をすっかり忘れていることに気づき、買ってみた。

この本で著者である村上さんも「あまり意味が無い内容」と言っているように、ほんと意味が無い内容でした。
気軽に読めるエッセイに「人生の意義」のようなテーマを求めるのは間違っているのは重々承知してますが、村上小説でのテーマにあるようなことを日常生活での出来事を題材にしたエッセイに求めるのは、やはり間違ってますね。
「どんなことが書かてているのですか?」と聞かれても、どうということはない話、「いってみればカフェでのヨモヤマ話ですね」と答えるよりない。

それでもご飯ができるまでの間、食卓テーブルに座ってビールなりワインなりをちびちびやりながら読むには「最高ーの友!」と断言できます。
その目的ならば買って損なし。
実際、週末の晩御飯を待つときの楽しみでした、この本とビール。
でも正月生活だと毎日そんな機会が多かったので、「数日で読んちゃったよ、あーぁ」です。

で、このエッセイにはどんな効能があるのか?
うん、そうだ、「NHKで放送している『世界ネコ歩き』を見るのに近い気分になれます」が正しい。
あれ、効能とか勉強になるとか求めないですよね。
それと同じエッセイですね、これ。

また、買ってこよーっと。