« 2010年9月 | メイン

2010年10月 3日

二十四の瞳

木下恵介
松竹ホームビデオ[DVD]
お勧め指数 □□□□□ (5)

こういう映画も日本映画にはあったんだ。

たしか反戦映画だったはずだ。
不幸な時代に生まれた子供だちを可哀相に思う先生の映画だろう。
そう想像していたが、予想とだいぶちがった。
もちろん、原作の意図はそのようだが、でき上がった映画をみていいるに、制作側の意図は別のところに置いたような気がした。

といっても、原作を読んでいなので、オリジナルで著者が表現したいことがなんなのか知らない。
それでも、映画と原作は、結論が同じだとしても、そこへ至る過程が大分違っているだろう。

この映画、ある種の水墨画だろう。
モノクロ映画だからそういっているのではない。
圧倒的な自然と、そこに息づく小さな存在でしかない人間がテーマになっているから。
風景のなかに、小さく人や家が映り込んでいる。
そのなかで、人にとっては大問題が進行し、人々は泣いたり困ったりしているが、ロングショットでみれば風景にはなんの変化もない。
そんな映画だった。

ぼくはこの夏毎週日曜日に成瀬巳喜男作品をDVDで一本ずつみた。
10本みたところで近所のツタヤには見るものがなくなってしまった。
なので次の目標に木下恵介作品を選んだ。
最初に見るのは高峰秀子主演の作品。
評判が高い『二十四の瞳』だろう。
12人の子供の眼差しを通した反戦映画。
子供が不幸な目にあって、それを見て泣く、という感じの映画だと想像していた。
レンタルしたDVDはデジタル・リマスターされてなく、ちょっと映像が歪んだり画面に筋が入ったりと、もうひとつの映像が多かった。
今アマゾンで発売されているのはデジタル・リマスター後のものだから、そっちの方が見れれば良かったのだが、まぁしかたない。

見ていて何度か涙がこぼれてしまうのは仕方ない。
ただ、それが目的で映画を見たいのではない。
それとは別に、成瀬作品とはかなり違うことに気づいた。
この映画は何か違う。
ストーリーを追うようにはできてない。
人を惹きつける方法にストーリー(事の顛末)を使っていない。
むしろ風景画なんじゃないかと思った。

小豆島の風景が映る。
そこで生活する人は、数十年で別人になってしまう。
生まれるし、成長するし、引っ越すし、死んじゃうから。
それでも小豆島の風景は変わらない。
戦争の陰が近寄ってくると、人の視点からの風景は変わってくる。
生きている当事者であれば、いろいろと困ったことの巻き込まれるのは仕方がない。
が、それが風景の一つに見えてくる。

物語の視点は大石先生のものあり、大石先生は子どもたちが災難に見舞われながら生きてく姿を追うことになる。
ある種の無力感を感じながら。
一方映像としては、人の視点ではなく、ロングショットで全景をとり、小さく人を配置するものが多数挿入されている。
神の視点とでもいうのだろうか。
音がないままただ映像が流れているときもある。
それが時間の流れ、悠久さを感じさせる。
見てると、不思議と気分が和んでいる。
小豆島の風景には、心理的に何かを癒す効果もあるかもしれない。

ぼくはこれまであまり映画を見てこなかったので、映画についてあれこれ評論なことを考えたことがない。
内容はおろか、技術的なことも見分けがつかない。
それでも成瀬作品を10本見た後でこの映画をみたので、木下恵介監督の考える映画が成瀬監督と大分違っていることぐらいはわかる。
木下恵介という人はベタな意味での芸術作品を作ろうとしているように思えた。
自然(たぶん、時間だとか運命のような逆らえないもの)のなかで流されるだけの小さな人間の存在とその苦悩を見せてはいるが、主題はそっちにないんじゃないかと感じてしまう。
水墨画という表現がぼくにはピンとくる。

では、この仮説をもって木下作品を見ていくことにする。
当然外れるだろう。
けれど、何本もみれば、何か掴めるような気がしている。